多くの人の命を守っている定期点検の大切さ

企画の調査をサポートする業者について

品質の規格

製品やサービスなどの品質の規格は、従来まではISO9001でしたが、それがISO39001に行き着いたのです。ISO39001という基準は、道路上での人や物資を輸送する業務の質や内容も指標として基準になっているのです。

Pマークを取得

個人情報保護マネジメントシステムにおける要求事項を満たしている事業者には、Pマークが付与されます。このPマークの取得を支援しているコンサルティング会社もあります。

  システム

インターネットを利用する上で恐怖となるのが、ウイルスです。そのウイルスから守るためのセキュティ対策が必要です。振る舞い検知というシステムがあれば、ウイルス対策ソフトがコンピューターの動きを関しして、不正な動きを検知、停止させてくれます。

  スキルアップ

会社の取引によっては、ISOを取得することが重要になる場合があります。このような場合に利用できるのが、ISO取得のコンサルティング業者です。この業者を利用することで、内部審査員の育成、スキルアップを目指すことができます。

  ISO取得のために

ISOを取得することで、良質な商品を安定して供給しているという宣伝をすることができます。ただ、ISO取得は簡単ではありmさえん。コンサルティングを利用しれば、効率よくISO取得のための組織作りを行なうことが可能です。

人の命を守るために

サイバー攻撃対策ならおまかせください。独自の振る舞い検知エンジンで素早いマルウェアの検知が可能です。詳しくはコチラから。

持っていると便利なISOはコンサルティングで取得することが可能ですよ。会社の信頼度が大きくアップするのでオススメです!

防火対象物点検の概要と価格

防火対象物点検という点検制度をご存知でしょうか。 平成13年に東京都新宿歌舞伎町の雑居ビルで起きた火災は、比較的小規模なビルであったにも関わらず44名の命が犠牲となりました。その大きな要因は避難通路の確保が不十分であったことと言われています。 この火災がきっかけとなり消防法が大幅に改正され、誕生した制度が防火対象物点検です。 たくさんの人が出入りする防火対象物の所有者または管理者は、有資格者による定期点検を1年に1回行うこと、その結果を消防機関に提出することが義務付けられていることが制度の概要です。 点検費用はビルの規模にもよりますが2万円から10万円が相場と言われています。 点検で不具合が発覚した場合は、改善または改修が必要なので、その分の費用も必要な金額と思っておいた方がいいでしょう。

価格の傾向と今後の動向

防火対象物点検の点検費用は、前段でも述べた通りビルの規模によって大きく変わります。 延べ床面積が3000平米を超えるかどうかで金額が変わる業者が多いようです。 防火対象物点検は資格者の数が増加しているので、それに応じて点検金額も少しずつではありますが安くなってきています。ビルオーナーにとっては助かる話しですね。 しかし防火対象物点検制度の対象にならないような、さらに小規模なビルでの火災が起きるたびに、点検の対象範囲をもっと広げるべきであるという議論が幾度も繰り広げられてきました。 ですので今後はより小規模なビルにも点検が義務付けられる可能性もあるので、ビルの所有者、管理者はそのことも視野に入れておくべきでしょう。